安藤ケンサクに対抗してエキサイト翻訳をゲーム化し隊

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャンプ2011年28号感想

<<   作成日時 : 2011/06/21 00:28   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の6月は梅雨らしい気候だわ暑苦しいわで気が滅入ってしまいそうです。
節電がどうこう以前にあんまり6月からエアコン付けたくないんですが、こう低気圧が続くと流石にウンザリです。

もうこれさぁ、神の力か何かをもってして6月を擬人化させるしかないと思うんですよ。
ぬーべーに出てきた濡れ女とかに擬人化するしか無いと思うんですよ。
ほら、たったこれだけで寝苦しい夜が「ウフフ、今夜も寝かせないわよ…」とかめくるめくファンタジックナイトにメタモルフォーゼ。
色々な意味で厳しい今年の日本の夏を乗り越えるにはこれしかないと思うんですよ。

聞いているんですか、神。
急務ですよ、神。
おい、神!

ジャンプ28号感想。

==========

<銀魂>
ようやく真意が明らかになったエリザベスの決め台詞がいちいちロボ物っぽくてシビレます。
お約束なタイミングで助太刀に入る桂といい、頑侍とか悪ふざけしまくっていたはずが普通にスペースオペラとして面白くなってきてしまいました。
これもうエリザベスの声優が監督からうっかり保志総一朗に変わっても仕方がないレベルですね。
でもそこまで目の前で嫌がらせしたらこんなパロディ展開ですらガンダムに乗れない杉田さんが流石に可哀想なので自重してあげるべきだと思う。

<スケットダンス>
たまに出てきて全て持っていくがすっかり持ち芸になりつつあるロマンさん。
相変わらずの最強っぷりを発揮してくれます。
多分この人、安心院さん相手でも普通に勝てると思う。

<べるぜバブ>
先週邦枝さんが再登場したときはむしろ剃毛四天王の行方が気になってしかたなかったのですが、今週のベル坊のダッシュからの全力ハグニ連発にクンカクンカという即死コンボに僕の心は一発KOです。

さらに坊ちゃまの愛を奪われまいと珍しくヒルダさんの方から対抗心を燃やしてくれるという嬉しい誤算付きです。
まさかこんなハプニングからこの二人の直接対決が拝めることになろうとは。
冷静に考えるとただ男鹿が羨ましいだけの展開な気がしなくもないですが、この際それは棚に上げときましょう。
これは来週見逃せませんよ。
振り上げられた女の刃は収まるところを知らずに激しい火花を散らしますよ。
坊ちゃまのオムツ取り替え対決とか
お眠の坊ちゃまに添い寝対決とか
坊ちゃまによるお乳テイスティング対決とかそういう……

ってだからそれじゃ男鹿が羨ましいだけじゃねーかクソがッ!!

<花咲一休>
新衛門さん、もとい用心棒の松平先生を加え、ただでさえむさ苦しい男二人の珍道中がますます珍なものに。
……なるかと思いきや、決してそんなニッチ狙いではなく今回のエピソードは天狗娘のヒロインとの出会いの章になる様子。
いや、確かに先生がヒロインとか言われても、そんなリアクションに困るヒロインは小松一人で十分なのでこの展開はいたって順当なのですが。
でもこの先生もなかなかいい味出してるオジ様なので、ついでにレギュラー入りしてくれたりしたら個人的には嬉しいかも。

<バクマン>
エイジの最終回騒動に触発されて俄然活気づくジャンプ誌面。
またしても読者置いてけぼりで自分本位な暴走してるだけなのに、やってるのがエイジだと全く気にならないというかむしろもっとやれなテンションになってしまうのは何故だろう。
各陣営それぞれで盛り上がりを見せていますが、やはり吉田・平丸コンビはその中でも一風変わった色で光り輝いていて目を引きます。
あの、チラっと見えてる主人公が遅刻ダッシュで吐きそうになってるコマとか、平丸さんの魂そのものですね。
吉田氏の編集部での演説も、別に特に何か嫌らしいオチがあった訳でもないのに何か企んでるに決まっていて素敵過ぎる。

一方、この騒ぎにまるで乗れないどころか、今週は出番すらない岩瀬さん。
いや、確かに本人もやる気なしだったけど、港浦さんアンタもうちょっと気に掛けてあげるとかさぁ。
高浜さんのところに行ったら行ったで、イマイチ役に立ってないって言うかさぁ。

っていうかとうとう言っちゃったよ、このオッサン。
「逆転裁判」って言っちゃったよ、このオッサン……

<エニグマ>
スミオに種を見破られ、「そんなこと、させてたまるか!」と言って慌てて踵を返してダッとかけ出す綺島先生。
絵面的にマヌケ過ぎて愛嬌を感じるレベルに至っています。
これで来週、内心冷や汗を書きながら数奇を職員室から遠ざけようと必死に説教とか始めたら多分僕は彼を大好きになってしまいます。

<リボーン>
一方こちらはガッカリラスボス度では綺島先生の追随をも許さないD・スペード。
先週の「そんな私が六倍」発言でデイモンさんのことは一足早く大好きになってしまいましたが、曼荼羅のようにグルグル回りながら同じ顔で「やはり沢田綱吉には不可能」「ヌフフフフ」などと一人モノローグ会話する今週もなかなかの破壊力です。

ところでこの曼荼羅状のデイモンさん、どっかで何か似たような感じの人を見かけた気がしていたのですが、さっきようやく思い出せました。
あの、アレだ、ロト紋の冥王ゴルゴナ。

<ぬらりひょんの孫>
純な黒田坊を百戦錬磨の二代目が言葉巧みに引きずり回して強引に拝み倒す!
「こんなところに誘いこんで刃を貸せだなんて、酷い人……」
「大丈夫さ、上の提灯数えてる間に終わらぁ」

椎橋先生からこんな露骨な釣り針ぶら下げられて、さぁどんなハシャいだ感想書いてやろうかと息巻いたはいいのですが、本編が猛烈にエロ過ぎて僕の筆力では何をどう言い繕ったところで敵いそうになにのでもう諦めます。
しかしこうなるとリクオってアレなんですね。
社長の親父の元愛人の秘書に幼少期から歪んだ愛情向けられて育ってきたようなもんなんですね。
つくづく教育に宜しくない集団だ、奴良組。

<メルヘン王子グリム>
覗いているヤツが全員好沢くんになるあの絵面はシュール過ぎてある種の恐怖を感じてしまいます。
いや、これもうギャグっていうよりオカルトの領域だよ!
キャーって悲鳴上げてる女子たちの表情も若干楳図かずおだよ!

==========

今週でドイソルが終了、戦国ARMORSもほぼ確定と新連載組の明暗もはっきりしてきました。
グリムは枠が枠だけに生き残りもあるかな、と思っていたんですが、どうにも苦戦中ですね。
これで保健室も終了となると、またしばらく入れ替わりが激しい時期が来るのかもしれません。

ではまた来週。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャンプ2011年28号感想 安藤ケンサクに対抗してエキサイト翻訳をゲーム化し隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる