安藤ケンサクに対抗してエキサイト翻訳をゲーム化し隊

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャンプ2010年25号感想

<<   作成日時 : 2010/05/24 23:58   >>

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

すいません、季節の変わり目はいつも風邪をこじらせてしまう私ですが、今回も案の定長引いてしまって先週ジャンプ感想休んでしまいました。
最近はあれやこれやと理由をつけてブログの更新をサボりっぱなしです。
この体たらく、「冨樫先生の爪の垢でも飲め!」と叱られてももはや何も言い返せません。
……畜生、自分で言っといてなんだけど予想以上の屈辱だ、この例え。

ジャンプ25号感想。

==========

<ナルト>
器の大きさを見せすっかりナルトの師匠ポジションに収まるキラービーさん。
やだ、どうしよう。
あたい振り向き様にグラサンキラッてさせて本当に格好良い人初めて見た……!

あと、後ろの方でダラダラ駄弁ってるヤマト隊長とモトイさんが何か可愛いです。
物凄い「オッサン同士の世間話」臭。

<ブリーチ>
全身ピッチり白タイツでこの夏をキメる気満々の愛染様に黒ビキニ大開脚で対抗する夜一さん。
満場一致で夜一さんの勝利が確定かと思いきや、愛染隊長の足音の擬音が「ガシャッ」ということは、あれ実はタイツじゃなくて鎧タイプに近い装備なのでしょうか?
まぁ、それならばあんな慈しむような目で夜一さんをガン見しておきながら股間に何の変化も見られないことに一応の合点が行きますね。
射殺せ、神槍。

一方、一護に興味津々の市丸さん。
バックを取りながら何もしないという紳士な一面を見せたかと思えば、うって変わって二連続で激しく突くという大人のテクで一護を翻弄します。
見るに見かねて昔の女である乱菊さんが飛び出していきましたが、吉良の方は這い蹲ったまま特に絡みもなく終了なのでしょうか?
あんまりと言えばあんまりな扱いですが、らしいと言えばらしい気もします。
だって吉良だし。

<トリコ>
それぞれの壁にブチ当たり、悩むトリコと小松。
これあれですか。
飢えて苦しむトリコの元へ愛情たっぷり小松汁で栄養満点スタミナ全開、メインディッシュはお前だぜ? とかそういうアレですか。
リンにとっての一番のご馳走はトリコの体液ですが、トリコにとってのご馳走は小松スープであるという非情な現実。
決して釣り合うことのない恋のトライアングルが今静かに回り始めるのでした。
すいません、まだ風邪治ってませんね僕。

<メタリカメタルカ>
新連載第2話にしてサブタイトルから徹底して尻攻めのサービス回です。
でも主人公、これ絶対無邪気な気持ちで乳揉んだり尻撫でたりしてる訳じゃないよね。
何ていうかいぬまるくんと同じ種類の悪意を孕んでいるよね。

<バクマン>
ミホちゃんのケーキの中からプレゼント攻撃が何だか凄く怖いんです。
この人は何かあって別れた後も同じ手を使ってきそうで凄く怖いんです。

そして本編、問題児・亜城木夢叶の作品は案の定連載会議でも大揉めに。
最後の結論は編集長に委ねられましたが、そんな事より最後の煽り文の「断罪!!」がストレートすぎて笑いました。
やっぱりこの漫画の担当編集さんもサイコーとシュージンには少なからずイラついているんだろうか。

<保健室の死神>
藤くんがサボる口実のためにわざわざ風邪をひこうとする理由がよく分かりません。
お前今まで似たような行事さんざんフけてきたじゃねーか。
と思ったんですが、この間の騒動で一応彼なりに一歩前進した結果が、今回の努力に繋がったということなのかもしれませんね。
お兄さんの安息の日々はまだまだ遠そうです。

本編は鏑木さんに対抗しようとする運動部員達とのドタバタギャグ。
蝶間林さんは名前といいファンのコを取られまいとする動機といい実に怪しい感じでしたが、最後の鏑木さんとの熱い握手で疑念は確信へと変わりました。
テニス部に咲くのは一倫のバラではなく百合だと思います。

しかし、最後のアシタバくんの一コマはよく分からんなぁ。
花巻さんも同じような病魔に憑かれててピンポン玉吹っ飛ばしたとかそういうこと?
と言うか、あまりにも唐突にいなくなるもんだから途中からアシタバと軽部くん見分けつかなくなってるような。

<銀魂>
その後の感動の結末も長谷川さんの何気ない一コマに全て持ってかれてしまいました。
何で!?
何がどうなってガンダムに改造されてんの長谷川さん!?

<いぬまるだし>
メタリカメタルカの尻プッシュを先輩作家として暖かく受け止める大石先生。
ジャンプ特有の「ニッチ向けのはずのサービスシーンが何故かダダ被り」現象に早くも出くわせるとは、水野先生これは化けるかもしれませんね。

<ロックオン>
ほぼ毎週のように壁に張り出されるニコさんの個人情報。
先週の盗撮魔とやってることほとんど一緒な気がしなくもないですが、そこを情熱と勢いとその場のノリで誤魔化しきってこそのプロ。
無意識化のうちに着々と羞恥プレイで調教されていくニコさんの明日はどっちだ。

<ハンターハンター>
圧倒的優位の立場なので当然と言えば当然なのですが、王側の誰一人としてピトーの身をこれっぽっちも案じていないことが逆に辛いです。
なんというか、ウボォーがいなくなった直後の幻影旅団を思い出してしまって。
違う、もういないんだ、いくら待ってもどこを捜しもピトーにはもう会えないんだよ……

<四ツ谷先輩の怪談>
工藤先生の手に落ちてスパルタン系エロ女教師にクラスチェンジした小町先生。
ヤバい、負けてるよ四ツ谷先輩!
あんたもそんな変な角度でヘラヘラしてる暇があるならそのなんともコメントし辛いヒロインどうにかしてくれよ!

==========

新連載が二つ始まりましたが、終わるのは結局リリエンタールだけなのでしょうか?
鳴り物入りで始まった四ツ谷先輩が物凄い勢いで瀕死なので心配なのですが、今期は一応大丈夫なのかな。
反面、ロックオンは結構頑張ってる位置をキープしてますねぇ。
せっかく写真部を立ち上げたので、そっち方面の薀蓄ネタとか個人的には読んでみたいです。

ではまた来週。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャンプ2010年25号感想 安藤ケンサクに対抗してエキサイト翻訳をゲーム化し隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる