安藤ケンサクに対抗してエキサイト翻訳をゲーム化し隊

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャンプ2009年27号感想

<<   作成日時 : 2009/06/04 01:00   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

こち亀の両さん、表紙を見る限りでは意外なほど違和感がなくてビックリです。
ただなぁ、声がなぁ。
忌々しいほどにラサール石井なんだよなぁ。

ジャンプ27号感想。

==========

<こち亀インタビュー>
それはそれとして、ヒゲ剃った方がいいッスよ秋元先生……。

<こち亀>
「性別を変えるのもアリだ!」と豪語しておいて部長に女装を強要する辺り中々ロックですね。
1周廻って逆にアリという考え、嫌いじゃありません。
でも後半フェードアウトを食らってしまうということは、やはり世間には受け入れられなかったということでしょうか。

しかし両さんと部長ごまかすためだけに車一台使い捨てとか、これ本当に日本のドラマなのか?

<ワンピース>
表紙のサンジにはもう目も当てられません。
肝心なところをあえてカットして静の恐怖を演出するとは、流石は鬼才・尾田栄一郎、ホラーの心得もお手の物です。

本編は黒ヒゲとルフィの因縁もさることながら、七武海同士の絡みにゾクゾクさせられます。
しかし黒ヒゲ海賊団の皆さん仲良く毒喰らっちゃいましたが、黒ヒゲの能力は他人の毒とかもイケちゃう口なんでしょうか。
何かそこまで出来るんならロギア系のヤツとかそのまま丸呑み出来てしまうような気もする。

<リボーン>
チョイスバトルがスタートしましたが、どうも基地があってお互い突っ込んでくなら別に普通のバトルでもいいんじゃないかという気がしてしまいます。
まぁでもこれならバトルの組み合わせやスパナみたいなキャラの参戦が描けるので、見せ場は増えるしいいのかな。
それに普通に試合したらザンザス一味の二の舞になる臭いがプンプンするしなぁ、真六弔花。

あと、山本は結局スーツに着替えてしまうのね。
だったらアレね。
どうせだから「んもうあなたネクタイが曲がってるわよ」「おっとすまんなぁお前」くらいやってくれればね。
マリア様も間違えてうっかり見ちゃうかも知れないのにね。
ウフフ、素敵。

<いぬまるだし>
ダンナ様秘蔵のDVDを見つめるお付きの人の目付きに、照れ以上の熱い感情を見たのは私だけでしょうか?
「お付きの人×まだ見ぬダンナ様」を妄想してしまう辺り、僕もつくづく疲れています。

<黒子のバスケ>
いや、むしろ逆に印象には残るぞ、小金井くんと土田くん!
交代要員にされちゃうのがやっぱり小金井くんな辺りも含めて!

<トリコ>
小松の磨き上げられたコックに思わず垂涎のスタージュン、
お前の包丁の切れ味を試してやるぜと言わんばかりに襲い掛かるも、
舌を噛む覚悟で譲らぬ気迫を見せ、正ヒロインとしての格の違いを見せつる小松。
これには流石のトリコも俺の妻に手を出すなとばかりに怒り爆発、
ロボを挑発しバッチコイなテンションに持ち込み全力10連ピストンをぶち込む!
先に限界を迎えるのは果たしてどちらか、次週必見です。

<バクマン>
僕もそこそこネット暦がありますが、初めてですよ。
こんなにムカつく「(笑)」。

<サイレン>
十年前から仕込みに仕込んだ欲張り☆光GENJI大計画が功をなし、アゲハさんの暴王を奪い合ってエルモアウッドがすっかりシャカリキコロンブス。
同行する三人はワイズなんかどうでもいいので雨宮さんからアゲハを守ることに注力するよう強く進言いたします。
ラストはもう本気で誰も覚えてないんじゃと不安になるくらい久々に一話のオッサンが再登場。
しかしこう改めて振り返ってみると、本当に意味不明だったんですねぇ、サイレンの第一話って。

<銀魂>
珍道中が始まるなどと期待を煽っておきながら、実際に始まったのは銀さんのクリ拾いだのアワビ喰いだののチン道中という許し難いオチが。
あえて傷が見えないほうを向いて同衾を誘う月読さんには吉原女の純情を見ました。

<アイシールド>
公平にルールを守ろうとするパンサーが気高いというか、
しょうもないことをそそのかすバッドさんがアレなだけに見えます。
もうどうしましょうこの人。
後ろのほうでモン太に普通に負けてたりするしどうしましょう。

セナのプロを目指す覚悟の下りは、何となくヒル魔からの最後の贈り物のようで少し切なくなりました。
先週ようやく気が付いたんですが、あの実在しない偉人でっち上げて遠回しにアドバイスするやり口、
ヒル魔流の照れ隠しだったんだろうなぁ、きっと。

<とらぶる>
なんのかんので良い人っぽいクロさん、嵐山さんも実は仕掛け人でした的なオチがつきそうで安心です。
しかしアレですね。
実際にリトとトレインが同じコマにいるのを見ると、こう、なんとも言えない感慨が……。

<フープメン>
ジョシュの仕切りで鐘に挑む藤代くん。
流石に藤代一人でどうこう出来るとは思えないので、雄歩も一緒にコンビを組んでようやくパワーアップしてくれるのでしょうか。
でもなぁ、なんかコイツ「スゲーよ藤代」とか言いつつ無償で特訓手伝ったりしそうなんだよなぁ
そういうところが一番共感できるんだけども。

==========

巻末コメントより、島袋先生の担当さんが変わるそうですね。
島袋先生に「公私共にお世話になった」とか言われると、中々シャレになってなくてストレートにヘビーです。
私からも言わせてください。
担当氏、本当にお疲れ様でした。

ではまた来週。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
初書き込みで申し訳ないんですが、都合のいい男性探しています。不況の中でも会社が高成長してて、忙しい毎日です。お陰でプライベートが充実していなくって、溜まる一方です。財産的にも多少余裕が今のところあるのでお礼もできます。消されないうちにメールくれたら嬉しいです。inspiration.you@docomo.ne.jp
るな
2009/12/26 21:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャンプ2009年27号感想  安藤ケンサクに対抗してエキサイト翻訳をゲーム化し隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる