安藤ケンサクに対抗してエキサイト翻訳をゲーム化し隊

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャンプ2011年11号感想

<<   作成日時 : 2011/02/15 01:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

感謝するべきだと思うんですよ。
本来なら怒りと妬みでこんな小さな青い星などいくらでも死の惑星に変えてきたこの私が仕事でしんどくて行動に移せないことに世間はもっと感謝するべきだと思うんですよ。
恐ろしくも神々しい、そんな荒ぶる神的なものとして祭ったりお供え物を供えたりするべきだと思うんですよ。
チョコとか供えるべきだと思うんですよ。

っていうかね、やっぱどう考えてもおかしいっすわコレ。
だってどう考えても僕がチョコもらえないはずないですもん。
これはもうどう考えても何者かが運命率に手を加えているとしか思えない。
もしくは世代を超えた呪い的な何か。
火の鳥の嫌がらせ的な何か。

「Kfよ! お前は来世では決してチョコを受け取ることが出来ぬのです!」
「ええ! じゃ、じゃあその次は特に何もしなくてもフラグが立ちまくるエロゲ人生を…」
「いいえ! お前はもう何度生まれても決してモテ期は巡って来ないの!!」

ああああー! な、なんて非道なことをしやがるあの鬼畜外道!
もはや許せん、僕は決してこんな運命を受け入れない!
絶対に戦い抜いてやる!
そしてその怒りと悲しみを嗅ぎつけたゲッター線のパワーでムクムクとセクシー&バイオレンスに進化をする私。
最終的にはエンペラーと肩を並べて対ラ・グース戦線に加わるフリをしながら偽書ゲッターのムサシのパイオツをガン見したりして幸せに暮らしましたとさ。
めでたしめでたし。

あー、今年もチョコ貰えなかったなー。
ジャンプ11号感想。

==========

<ワンピース>
マキノさんがさらっと爆弾抱えつつも、我関せずとばかりにしらほし姫をたぶらかして連れだそうとするルフィ。
いよいよやってることが本気でフォロー不可能なほどにただの間男になってきました。
鮫に姫を押しこむシーンとか、想像すればするほどに夢が広がります。

「い、痛い! ルフィ様、やっぱりこんなの入りませんわ‥」
「「大丈夫だって、いけるいける!」
「ああ、だ、ダメです! そんなに無理やり押し込んだりしたらッ!」
「大丈夫大丈夫、痛いのは先っちょだけだって!」
「んんッ! ダメ! 拡がっちゃうゥッ!!」

ご、御用ー!
この大悪党、いよいよ本格的に御用ー!!

<ナルト>
金角銀角が本当に金角銀角っぽい戦い方をしてくれるのに何かちょっと感動してしまいました。
雲隠れの忍は代々面白くなきゃいけない掟でもあるのでしょうか?
いえ、読んでるこっちも面白いので別に構わないんですが。

<リボーン>
得意の不意打ちでデイモンに挑むもあっさり返り討ちにあう薫。
あわや、というところでいつも通りカッコよく山本が駆けつけました。
いや、コレ、確かにいい話ではあるんですが……
一体どこで間違えてしまったんだろう、シモンファミリー。

<バクマン>
連載会議まで絶好調で突き進むも、新妻ジャッジという不安要素でどこか危なげな七峰先生。
しかしそんなことよりも七峰くんと小杉さんの対二日目用最終兵器ぶりが読んでて楽しくて仕方ありません。
じわじわと追い詰められ遂には篭絡してしまう小杉さんとか、ドMのはずの私ですらも思わず舌なめずりですよ。
「マイクとカメラで中継希望」とか「俺たちで小杉くんを育ててあげよう」とかネットの愉快な仲間たちも素敵ワード連発でノリノリですし。
来週辺り、vipに「今から安価で担当編集レイプするわwwwwww」とかいうスレが立っていたら、それはきっと七峰先生です。

<べるぜバブ>
機械オンチぶりを発揮して萌え度急上昇の寧々さんと、何故か対抗する城ちゃん。
お前まだ諦めてなかったの!? その萌えキャラ路線!?

<ぬらりひょんの孫>
引き続きビジネスモードの竜二を心ゆくまで堪能する話。
四方八方に嫌がらせをしながら楽しそうに笑うお兄ちゃんがかっこ良くて堪りません。
狂言にしても、さっさと発動させればいいのに一通り食い散らかすまで待ってからやる辺り、相変わらず趣味と仕事を両立させる要領のいい性格をしています。
あれは絶対、来んなつったのに来やがったクラスメートに憂さ晴らしをしつつ、どん引きするゆらのリアクションでニヤニヤするためにやってますよこの兄。

<逢魔ヶ時動物園>
やたらと献身的に鈴木さんをかばうトイトイさん、二人の関係が何だか怪しいです。
おい鈴木、お前毎晩毎晩調教と扮してトイトイと一体何やってた?
おいコラちょっと待て鈴木! まだ話終わってねぇぞ鈴木!
目を逸らすな鈴木ィーッ!!

<ライトウィング>
トランセンドサッカーか何だか知らねぇが…俺がキングだ!
とばかりに佐治さん覚醒、まさかの市立帝条ワンサイドゲーム。
そのままトントン拍子で高円宮杯決勝まで行ってしまうこのやり過ぎ感にゾクゾクします。
今週の新連載がサッカー被りでもう決定的ですが、きちんとキリのいいところまではやってくれるようで、嬉しいような寂しいような。

==========

今のPJが丁度ピークでして、2月いっぱいはしんどい日々が続きそうです。
今回は短い仕事ですのでダラダラ続いたりはしなさそうなんですが、リリース先の環境詳しくないので動き出すその瞬間まで動くかどうか確信できないのが辛い。
もう最近は心身ともにクタクタです。
あー、こういうときは甘いモノが効くって言いますよねー。
こう、遭難してる人にセントバーナードが分け与えるような、あんな人助け感覚でチョコあげるとかありだと思うんですよねー。
その後添い寝で肌と肌とで暖めあうとか実にアリだと思うんですよねー。
ねー!

…あ、もうバレンタイン終わってる……

ではまた来週。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャンプ2011年11号感想 安藤ケンサクに対抗してエキサイト翻訳をゲーム化し隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる