安藤ケンサクに対抗してエキサイト翻訳をゲーム化し隊

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャンプ2011年3・4号感想

<<   作成日時 : 2010/12/21 01:18   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

出張行ってたんですよ。

凍りに狂う大都会、TOYKYO。
冷たいビル群が放つ無機質な光が仕事に疲れた私を照らします。
今年も来年も、こんな風に多忙なまま過ぎ去っていくのだろうかと思わず溜息。
そんな私の肩を軽く叩き、上司が優しい笑顔で語りかけます。
「大丈夫Kfくん。イブまでには帰れるから、彼女とゆっくりしておいで!」

分かりますか?
「え、いやぁ、えっへっへ〜、まぁ…」とか何とかモゴモゴ言ってお茶を濁して誤魔化した、そんな僕の気持ちが貴方には分かりますか!?
あ、ヤバい、こみ上げてきた。
何かゲージMAXまでたまるとゴッドハンドとか白面の者とか呼び出せるアレがムクムクこみ上げてきた。
あーもう、凄く逆切れしたい!
私情丸出しで世間様にさんざっぱら迷惑かけて、いざ主人公に追い詰められると「お前のようなヤツに何が分かる!」とか、何かそういう逆ギレがしたい。

あの世で俺にわび続けろ、サンタクロース。

ジャンプ3・4号合併号感想。

==========

<ナルト>
インテリの僕はそんなこと望んでないんでね。
インテリは陰気なところが性に合うんでね。
大事なことなので二回言いました。
最近のカブトさんはボケてんのか天然なのか掴みかねるところがあると思います。

<バクマン>
まさかまさかの丸々一話平丸回。
吉田氏と平丸さんのどこまで建前でどこから本音か本気で全くわからない応酬が面白過ぎる。
平丸さんに手を引かれて走りだす蒼樹さんもいつもの七割増で可愛いです。
本当に、やってることサイコー達とそんな変わらないはずなのに、何がこんなに違うんだろう……

しかし蒼樹さん、君はアレだな。
基本ダメ男好きだな。

<リボーン>
「何者だ!」と言われながら恭さんをヘリで運ぶ草壁さんに惚れました。
本当だよ。
本当に何者だよお前は。

<銀魂>
お登勢さんを筆頭に各ヒロイン勢揃いならぬ性揃いで銀さんとよからぬ仲になっているのに、こんな時に限ってのけ者になるさっちゃんに泣きました。
長谷川さんにすら劣る彼女のヒロイン力、花開くのは果たしていつの日か。

<黒鉄>
東大確実級に頭が良くて
天然で可愛いママンがいて
黙って座ってても女の子がよってくるぐらいイケメンで
ヒロインより可愛いママンがいて
純度100%生まれつきの邪気眼持ちで
抱きしめるといい匂いがしそうなママンがいて
だけど運動音痴なことだけがちょっぴりタマの傷。
そんな主人公が剣道に目覚めて最強を覚醒す、そんな心温まるお話。

ハァツ!? 死ね!
もう死ねよお前!
何で身も心も冷えに冷え込むこの時期にこんなサクセスストーリー見せつけられなきゃならねーんだ!
ただでさえパーフェクト超人ギリなのにファンシーな相棒を通じて腕っ節までって、お前はあれか。
清麿さんかお前は。

<大掃除de四コマ漫画>
ジャンプマークリニューアルネタがことごとく外れぞろいで、
「そりゃあ幾ら何でもこれはキラーパス過ぎるよなぁ」とか思っていたのですが、いぬまるだしで撃沈。
何だか私、最近のいぬまるだしでは園長ネタでばかり笑わせれている気がします。
園長に撃沈されてしまったのは私の心なのかもしれません。

<べるぜバブ>
割と丁寧に道場の門戸を叩く帝毛・影組の皆さんの好感度が急上昇。
男鹿の修行の日課の後ろのほうで彼らがウロチョロするのかと思うと俄然楽しくなってまいりました。

<いぬまるだし>
マサムネくんのしげはるに対する「母親には強いな」というツッコミは若干的はずれな気がします。
いや、誰に対しても最強だろ、コイツ。

==========

今年の年末はのんびりしたものだったのですが、土壇場になってパタパタと忙しくなってきました。
ああ、早く感想書かないとスパロボの感想忘れてしまう。
でもなぁ、今から書くとクリスマス真っ最中にスパロボの感想書いて過ごすことになりそうなんだよなぁ……

ではまた来週。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャンプ2011年3・4号感想 安藤ケンサクに対抗してエキサイト翻訳をゲーム化し隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる