アクセスカウンタ

<<  2010年11月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


ジャンプ2010年51号感想

2010/11/23 01:23
四連休を頂いてます。

今年は年末が近づいているとは思えないほど暇なため、有給が取りやすく月曜日を含めて四連休にしてしまいました。
しかし元来出不精の僕ですから事前に計画でもしない限り有意義な休日など過ごせるはずもなく、充実したバーチャルニート体験会を開催しています。
もうやることなくて寝てばっかですよ。
もう三日目の今日とか、正直寝すぎて頭痛いんですよ。
人間はたった三日でここまでゴミになれんだなあと他人ごとのように感心しています。

あー、せめてスパロボがあと一週間早く発売してりゃあなぁー。
って言うか凄いな、スパロボの発売日11/25か。
クリスマスの一ヶ月前に帰ってくるとは、流石俺たちの王政くん。
あのアニメは本当にクリスマス中止とお兄ちゃんの海鮮焼きだけは強烈に覚えている……

ジャンプ51号感想。

==========

<バクマン>
吉田氏、ラッコ、そして平丸さんとラッコ組大躍進の人気投票結果。
そりゃあ誰だって平丸チームは大好きに決まってますが、まさか吉田さんが服部さん以上とは思わなかった。
そして出番の多さは突出しているのに案の定散々な結果に終わった港浦さん。
41位って、そもそもこの漫画40人も登場人物いたのかってことにビックリするレベルですよ。
いや、安岡さんも41位なんですけど。

本編はシュージン突然の逆切れが香耶ちゃんにまで飛び火してエラいことに。
居場所がなくなった途端に白鳥くんのところに逃げ出すシュージンがダメ夫過ぎて最高です。

「妻も真城も俺のことを分かってくれないんだ……」
「高木先生……僕でよければ、その、慰めてあげますから……」

多分漫画史上初の男の娘版サークルクラッシャーとなりつつある白鳥くん。
合鍵を共有するまでに至った爛れた二人の明日はどっちだ。

<トリコ>
小松を温泉に入れて黙々と包丁を研ぐメルクには日本古来の山姥的な怪談を彷彿とさせられてしまいます。
今回は小松浮気編かと思いきや、事態はそれでは済まない方向に進みつつある様子。

トリコー! 早く戻って来てー!!
食われちゃう!
小松が二つの意味で食われちゃうからー!!

<スケットダンス>
椿とスイッチはともかく頭がそのままのボッスンはあんまり女の子に見えないなぁ。
とか思ってたら「グータンヌーボか!」のコマで完全に女になってビビリました。
ボッスン、恐ろしい子……!

<CHOPPERMAN>
普通にほのぼした展開の広告漫画かと思いきや、チョッパー先生唐突に凶悪なアイテム持ち出してきましたよ。
どうなんの?
先ッポから出る液体塗ったらどうなんの!?

<リボーン>
SHIT・Pのカゲ口攻撃にも全く動じずに十代目への忠誠を見せる獄寺。

…って、いや流石にそんなの当たり前だろ!
あんだけ一緒に死線くぐり抜けといて今更そんなんで揺らがれてたまるか。
らうじにしろSHIT・Pにしろ、わざわざ貫禄負けするために自分から格を落としてるみたいで見てて辛いなぁ。
どうせ対比するならボンゴレvsシモンって形よりも、せっかく事前に絡んだんだし紅葉みたいに「俺とお前で一騎打ち!」な方向に持って行って欲しいところです。

ああ、でもこの風船割り勝負はナイスアイディアですね。
久しぶりに流血しない獄寺くんが見られそうでオジさんは一安心ですよ。

<べるぜバブ>
先週死ね死ねくたばれ早く逝けみたいなことを言った気がしますが、いざ本当に死にそうな展開になると途端に焦ってしまう小悪党な私です。

か、神崎先輩、無茶しないでー!
死ぬから! アンタその魔界編みたいな方の登場人物じゃないから!!

<ぬらりひょんの孫>
リクオの親父は妖怪と子をなせなかった、という総大将の言い分は余りにも説得力に欠けると思うのです。
だってリクオのお父さんでしょ?
涼しい顔して人間との間に隠し子の一人や二人や三人や四人や五(略

<いぬまるだし>
ボッスンを純粋に信じる華ちょさんのお便りは、ドMと知られたこの私でもうっかりと加虐心を煽られてしまうほどの汚してオーラを発揮していました。
ああ、今すぐ華ちょさんの幻想をメタメタにぶち壊したい!
目の前でボッスンのやおい穴を掘ってしまいたい!
仙水でネットリ遊んでたときの樹って多分こんな気持ちだったんだろうなぁ。

あ、でも僕も問七に関しては異議を唱えたいです。
若大将は絶対にどんな妖怪でも夜のお相手を勤めさせてくれるんだもんっ!(>3<)

<SWOT>
黒幕だった校長が更迭されて、俺たちの日常はまだまだ続くエンドな最終回。

中盤から順調に落ちて、そのまま復調せずに打ち切りとなってしまいました。
カクゴ・裏カクゴが出てきた辺りはやはり贔屓目に見ても末期でしたし、実力が届かなかったが故の結果なのは間違いないでしょう。
とは言え前回の連載時と比べると個性を殺さないまま技量を上げてきており、個人的には楽しく読んでいただけに残念です。

あとは、主人公周りでもうちょっと賑やかに出来た気もしますね。
読み切り版で面白いなと感じたのは、杉田先生のノリでラブコメありきの学園漫画が意外とイケそうじゃんってところだったので、蓮野とのラブコメはもっと早くに読みたかった。
キャラを出し惜しみしたって感じはなかったので、課題はやっぱ足元固めってことでしょうか。

何はともあれ杉田先生、お疲れさまでした。
打ち切り二つからの挽回は厳しいかとは思いますが、劇的なカムバックというヤツを期待しておりますのでこれからも頑張ってください。

==========

巻頭のべるぜバブアニメ特集の杉田さんのコメントが嬉しかったです。
そうですよね!
ジャンプで金属バットつったらそうですよね!

ではまた来週。
記事へ面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0


ジャンプ2010年50号感想

2010/11/16 01:04
すみません、先週いっぱい風邪をひいてしまい、ジャンプ感想もサボってしまいました。

いえまぁそれは別にいつものことなのですが、しかし今回引いた風邪、熱や鼻水だけじゃなくて胃腸の方にまでヤンチャかましてくれちゃいまして。
その上11月に入ってからぱったり仕事がなくなってしまい、さりとて新しい仕事が入るかどうか微妙なタイミングでもあり、やることは無いけど取り敢えずスタンバッとかなければいけないという生殺し状態がずっと続いていまして。
鼻を押さえたり腹を抑えたりしながらなんとか勤め上げて、結局仕事は入りませんでしたとかそんなオチでして。
先週の僕は鼻水と下痢便を垂らしに会社に行ったようなものです。

なんなんですか僕は。
公害撒き散らす系の妖怪ですか僕は。
ゴジラでいうところのヘドラですか。
ポケモンでいうところのベトベターとかですか。
19番水道抜けてやっとグレンタウン辿り着いたと思ったらポケセンと間違えてポケモンやしき入っちゃって一歩目で出現して小学生に舌打ちされるとか、僕の存在価値はそんな程度でしかないんですか。

っていうかヤバい、どうしよう。
俺この一週間本気で仕事してないんだけどどうしよう。
俺の席は年末いっぱいとかいうことになってたらどうしよう。
あ、ヤバい、なんかまた腹痛くなってきた。

ジャンプ50号感想。

==========

<巻頭カラーの広告ページ>
ハンコックが奴隷の証である「天駆ける龍の蹄」を明かすシーンの隣ページに天翔龍閃を持ってくるジャンプ編集部に底抜けの悪意を感じます。
こんな共通点、並べられなきゃ多分一生気がつかなかったのに。

<ワンピース>
兄助が予想外に暴れないキャラでちょっと肩透かし。
もっとこう、麦わら一味と心中上等でアブクに穴掘りまくってすんまっせんしたッ!連発とかそっち方面のロックさを期待していたのに。

あと、サンジが鼻血吹いて気絶してる間にガッチリ服を着こむナミとロビンは鬼だと思います。
いや、それはもしかしたら優しさなのかもしれません。
これ以上は彼の体がもたないと、そんな彼を見るのが辛いと、そう言いたいのかも知れません。
ですが、ですがねお嬢さん方!
それでも男には立たねばらぬ時があるのです……!

<ナルト>
ついに始まる最終決戦、先手を打った暁は出し惜しみなしのゾンビカーニバルを繰り出してきました。
戸惑いの中戦いに繰り出される死者たちを余所目に、再生暁の人たちはやっぱりどこか同窓会な雰囲気が漂っています。
まさか生前そのままの彼らと再開できるとは思っていなかったマダラさんも内心喜んでいることでしょう。
「こんなんで本当に大丈夫なのか?」とか言っちゃって、お前絶対その仮面の下で超ニヤニヤしてるだろ。

あと、ゼツさんの「白黒ゼツ」とかいう呼び名も地味に萌え度高いです。

<バクマン>
蒼樹さんのネームを読んだ山久さんは切ないですねとか乙女チックなこと言ってないでもっと突っ込まなきゃいけないところがあると思います。
いや、それ悲恋がどうこう以前に花音ちゃん可哀想過ぎだろ!
どんな恋愛残酷物語だ。

一方そんな恋の駆け引きとは無縁のバカップルこと平丸さんと吉田さん。
「そうか、そうか、そうだな! フフフ……」とほくそ笑む吉田さんの怪しさが堪りませんね。
あれは平丸さんの脳内が「吉田 > 蒼樹」であることに安堵したが故の勝利の笑みだと思う。

<ブリーチ>
一護のバイト先の店長さんこと鰻屋さん登場。
長身・巨乳・年上・勝気・人妻とどこを取ってもパーフェクトな、正にアヘ顔ピースを晒すために生まれてきたかのような逸材のイクミさん。
やはりあの程度の休載では久保先生の荒ぶる魂を鎮めることなど到底出来ない話だったようです。
花を狩りつくしたならば再び種を蒔けば良い。
破壊と創造と調和のサイクルを司る三神一体を体現したかのような久保先生にはただただ感服するばかりです。

それと、特に意味もなく仲良しぶりを発揮する一護と石田もなかなかにご馳走さまでした。
この二人の距離感はベタなだけに素直に楽しめます。

<スケットダンス>
「スイッチのメカを使いこなすボッスンを呆然と見つめる椿」は色々と間違っている気がします。
いや、凄いよ!?
確かに凄いけんだけどでもそのリアクションは間違ってるだろッ!

<銀魂>
ちょっとノンケなお姉さんぶりを発揮する月詠さんが素晴らしいと思います。
この人のセクハラしてくださいオーラは遊女ならずとも客を引き寄せること間違いありません。

ぐっふふ、わからないなりにとか言っちゃって、お姉さんホントは詳しいんじゃないのぉ?
ほら、このパトリオット(長谷川さん)使ってさ、もっかいじっくり説明してよ……

<べるぜバブ>
東条と出馬の喧嘩に割って入る悪魔将軍さん達と、仲良く盗み見する神崎と花澤さん。
え、ち、ちょっと待って、何このフラグ!?
納得いかねェーッ!!
チョークスリーパー? 生ぬるいわ!
殺せ! そのまま絞め殺せッ!

<いぬまるだし>
大西編集の浮気バラシは、それでもまだフィクションと言うか、オブラートに包んでくれてると思うんですよ。
だって大西さんの浮気相手ってどう考えても空(以下、検閲)

<ぬらりひょんの孫>
羽衣狐様まさかのボアー死で安倍晴明こと鵺が復活。
京都篇の展開と全国の大きいお友達の股間を大いに盛り上げてくれた羽衣狐様でしたが最期は無残なものでした。
というか、まるでヒロインみたいに羽衣狐の外の人抱いてるけど、本気で「悪いのは全部今死んだオバさんでーす」で済ますのか?
いえ、そりゃあ私だってあんなお姉ちゃんができるんなら陰陽師の一人や二人殺したところで大目に見る気はマンマンですが、しかしそれにしたって展開急ぎ過ぎな気がしてしまいます。

あ、でも土蜘蛛をここで退場させたのは結構英断かも知れない。
いかにもブラックポジションで使いたくなるようなヤツではあるんだけど、でもあの人にあんまり暴れられると明らかにパワーバランス崩れるからなぁ。
とか言っといて、来週ひょっこり出てきそうなのが土蜘蛛さんの怖いとこなんですが。

<逢魔ヶ時動物園>
仲間たち大集合でシャチさんと決戦したり。
イガラシと再会できて喜ぶ動物園の人たちはとても可愛くて微笑ましいんですが、しかしこの期に及んでイガラシさんを必死に奪い合っているというこの状況が変に面白くて堪りません。
何なのアンタ達、何でそんなにイガラシさんが欲しいの!?
イガラシさんはそんなにイイの!?

==========

今週の鳥山先生の漫画は何だか不思議な雰囲気でした。
凄く肩の力を抜いているはずなのに妙に面白い空気出てるというか、「何故か読んでて面白い」系というか。
いえ、そもそもジャンプに鳥山先生の漫画が載ってるだけで嬉しくってたまらないんですけどね。

ではまた来週。
記事へ面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0


ジャンプ2010年48号感想

2010/11/02 00:35
寒いです。
いえ、気温もなんですけどね、それだけじゃなくてですね。
僕の職場のビルがですね、
まだ11月に入ったばっかりだっていうのにですね、
四六時中クリスマスソングをBGMで流しやがってですね。
身も心も冷え切っているんですよ。

あーあ、これからまたクリスマスとか年賀とかバレンタインとかが群れをなしてやってくるのかぁ。
誰だよ冬とか考えたヤツ。
神か。
また神か!
ホントロクなことしねーなアイツ。

ジャンプ48号感想。

==========

<ブリーチ>
「死神代行消失編」という言葉を目にして、まず真っ先に「ルキア、織姫に続くヒロインはまさかイモ山さん!?」とファンタスティックな期待を抱いてしまった私。
そんな誰得かつ胸熱な展開に一通り思いを馳せた後、イモ山さんは別に代理でも何でも無く普通の死神さんであることを思い出しました。

く、くそう、だったら石田ならどうですか!?
今何か死神代理みたいなことやってるし、囚われのメガネっ娘枠に石田ならどうですか!?
何がですか?

<ワンピース>
ナミさんロビンがナンボのもんじゃいとばかりに、すっかり少女から若妻へと成長したペローナさんが再登場。
ぞ、ソロ! てめぇこの二年間一体何やってやがった!?
あれか?
お前さては修行ってあれか!?
皆が頑張ったりサンジが戦ったりしてる間に、お前自分だけワンピースSAGAか!?
ヤンジャンどころか最近ではSQでも頑張ればやれそうだからってちょっと張り切っちゃいましたってかァッ!?

今日も今日とて剣の修業に明け暮れてクタクタになって帰るゾロ。
そんな彼を時には励ますように、時には甘えるように抱きしめ寄り添う一つの影が。
毎日毎日こんな遅くまで修行か? 全くよく飽きないなぁ。
よし、今日は特別に私が稽古を付けてやろう!
ふふふ…知ってるぞ、三本目の刀は口に咥えるんだろ?
そぅれ、鬼斬りッ!(ボロンッ
虎刈り!(ズプンッ
三千世界!!(グルングルンッ

ああ憎い! アタイもうゾロが憎い!
しかも何が酷いってこれ人の家勝手に上がりこんでやってますからね。
ミホークさん、二人がいつの間にか盛り上がったせいで入るに入れず自分ちの玄関の前でうずくまって「ダニになりたい…」とか独りごちてますからね。
可哀想! ミホークさんが可哀想!

<銀魂>
最近の桂の女装率は割と洒落にならない数字を叩き出しているような気がします。
このままだと同人誌の女体化率を凌駕しそうな勢いだ。

<ロック・リーの青春フルパワー忍伝>
ナルトのメディアミックス担当する人って例外なくガイ班大好きですよね。
っていうかナルトが好きな人って例外なくガイ班大好きですよね。
え、私?
大好きですけど?

<トリコ>
先週のバトルからこっち、全コマ発情モードでエロい顔をさらしっぱなしの二代目メルク。
もはや事ここに至ってはメルクの性別など非情に些細な問題に過ぎないと思われます。
可愛いは正義! さらしは正義!
そうですよね、神田さん?

<べるぜバブ>
あえて尻を強調せず、むしろ前のめりに締め上げるヘカドスさんに匠の心を感じます。
ふっ、今の魔界にもまだお前のような漢が残っていたとはな……!

<リボーン>
相撲勝負を仕掛け、足元ガッチガチに固めた挙句に地形を隆起させて相手せり落とす戦法。
らうじ、お前……
いや、いいんですけど、確かに勝利のためにはそれで何も間違ってないんですけど、
らうじ……

<逢魔ヶ時動物園>
タコがタコとして生まれた訳。
天に与えられたタコとしての宿命に忠実に生きるデビさんの姿は、全国のジャンプ読者の男の子の涙を誘ったに違いありません。

僕も例外なくそのタコっぷりをじっくりと堪能させてもらっていたのですが、最後の一角さんの行動が奇想天外過ぎて本気でひっくり返りそうになりました。
ひ、酷ぇ! 幾ら何でもそれはねぇよ一角さん!
そのちょっと前の会話だとデビと一角さん結構仲よさそうだったのに!

<サイレン>
現代に戻り最終決戦、今や懐かしのあんな顔やこんな顔がちらほらと。
どうしよう、敵の半数以上が戦う前から既に可哀想って、何かすごく新鮮。

そして最終決戦を前に一人去っていく我らがヒリュー。
いや、ちょっと待て、お前マジか?
お前マジでそれで良いのか!?

<SWOT>
こっちもこっちで最終決戦。
急ぎ足ながらも何だかんだで終末感出せちゃってるこの変なドライブ感がたまりません。
キャラ配置もますます無駄がなく、本当に伸びるところはバンバン伸びる人だなぁ、杉田先生。

そしてこんな状況でも仲良しぶりを発揮する卍一派。
傷付き倒れていった宇西くん達の分まで男を見せて欲しいものです。
っていうか余りにもあっさりモブ死するもんで思わず不安になって必死に背景を探してしまいましたよ。
攻森くん混ざってたらどうしよう、って。

==========

ライトウィングの順位が急落して不安になってきました。
丁度そろそろアンケートの結果が反映され始める頃とは思うのですが…
あの第一話面白かったんだけど、結果芳しくなかったのだろうか。

ではまた来週。
記事へ面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2010年11月のブログ記事  >> 

トップへ

安藤ケンサクに対抗してエキサイト翻訳をゲーム化し隊 2010年11月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる