安藤ケンサクに対抗してエキサイト翻訳をゲーム化し隊

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャンプ2010年33号感想

<<   作成日時 : 2010/07/20 01:22   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

長年使い込んでいたパイプベッドが最近ギシギシ五月蝿いんですよ。
どうも部屋の模様替えで無理に引きずった際に支柱が一本折れたようで、倒壊する様子もないんですが乗り降りするたんびにギシギシアンアンギシギシアンアンやかましくってたまりません。
やだなぁ。
普通ベッドがギシギシって言ったらもっとこうしっぽり系のエロ話が付き物じゃないですか。
シャ乱Qだってシングルベッドの上で夢とお前を抱いてたじゃないですか。
何で僕にはそういう色気のある話がついてまわらないんだろう。

ジャンプ33号感想。

==========

<ワンピース>
…サンジは?
ちょっと尾田先生、サンジの惨事はどうなったんですか?
あ、おいコラ! 目を逸らすな!

<トリコ>
・あらすじ
トリコは星の見えるレストランに小松をディナーに誘いだす。
彼の胸には父と慕う男からのある助言があった。
「お前最近ツヤツヤしてんな。さては良い人でも出来た?」
「え、いやいや何言ってんスか。俺そんなんもう全然ッスよ。」
「隠すな隠すな! 言っちゃえよ。もうその子に言うこと言っちゃえよ!」
そんなこんなで今度は小松を空の旅行へと連れ出したトリコ。
無邪気にはしゃぐ小松の横顔を眺めながら、彼は決意を固めます。
「なぁ小松、お前、俺とさ……」
「え? なんですか?」
「な、なんでもねぇよ!」
戸惑う二人を乗せた飛行機はやがてスカイプラントへと到着する。
果たしてトリコは己との戦いに決着をつけることができるのか!?

・感想
お前らいい加減よそでやれ。

<銀魂>
いい加減にしてください空知先生!
規制があるのってアニメだけじゃないんですよ!?

最後のオヤジの遺影も、なんだそのドヤ顔!
「へへ、これがあっしの最後のお茶目でさぁ」とでも言いたいの?
済まされるか、そんなんで!

<バクマン>
平丸サイドと静河サイドがついに夢のクロスオーバー。
言った言わないで大喧嘩するオッサン三人のグダグダっぷりは至極です。
でもこれ蒼樹さんも結構酷いですよね。
この場はテキトーにニコニコしながら美味しいですとか言っときゃいいじゃないですか。
それだけで世の中の九分九厘の男はとりあえずオッケーなんですよ!
それだけで平丸さんはあと一年は戦えるんですよ!

そして膝を折っても心は折らない我らが静河先生。
挫折の痛みをパワーに変えて、さらなる制作意欲に燃えています。
さらに静河先生を立ち直らせたばかりか、後輩からの憧憬すらもガッツリ頂く吉田さん。
この漫画の男たちは転んでもただでは起きないタフガイばかりでゾクゾクします。

<べるぜバブ>
これは多分、ツンデレ喫茶のもう一歩先を目指しているのではないでしょうか?
「アハハ、うわぁそれ本当に食べるんだァ。」
「ねぇ美味しい? 美味しいの? 恥ずかし〜い!」
「おかわりにはもっと恥ずかしい文字を書いてあげるわね。へ・ん・た・いさん!」
ね? アリでしょ?

それと、邦枝さんのコスチュームが前回と違ってしまっていた件については、
レッドテイルのチアガール化という体を張った弁護を考慮して一旦情状酌量としたいと思います。

<リボーン>
ご、ごめんなさいクロームさん!
そういえば一応まだバレていない体でした!

<SWOT>
第三話にしてものすごく今更なんですが、この漫画の話数カウントが「眼鏡」であることに気が付きました。
やめてくれません? 合間合間にそういう小ネタ仕込むの!

<サイレン>
やはり一度負けたバトルキャラの宿命か、ジュナスさんの扱いがどんどん軽くなっていっていることが心配です。
もはや彼にはロリキャラを庇って共に果てるというリボーンのガンマさんのような見せ場しか残っていないのでしょうか?
頑張れ、ここが踏ん張りどころだ!
ドルキさんも草葉の陰からニヤニヤしながら見守ってるぞ!

<ぬらりひょんの孫・番外編>
本編の大暴れでも尚飽き足らず、番外編でまで新しい女を口説き落とすリクオさん。
若様の凶刃の切れ味はとどまるところを知りません。
多分彼の最期は「女に刺されたけどその女を優しく抱き返して腹上死」とかそんなところじゃないでしょうか。
二代目を殺したのも二代目の奥さんとかそんなところじゃないでしょうか。

カナちゃん?
カナちゃんはもうこれでいいんじゃないかな、逆に。

<めだかボックス>
善吉くんにときめく江迎さんの可愛さには不覚にも読んでるこっちがときめいてしまいました。
来週は是非この調子でラブコメ続行、アタシに触ると腐っちゃうからと遠慮する江迎さんをソードブレイカーのミコトばりの度量で抱きしめて人間の温もりを教える善吉くん。
やだ、あたいったら手よりも先にお股の方がグズグズになっちゃう! とかそんなさわやかな青春爆発劇場を期待します。
最終的にはマイナス13組の曲者共を口説いては落とし口説いては落とす。
善吉くんにはそんな百鬼夜行の主にふさわしい男を目指して欲しいものですね。

==========

すごくどうでもいい話なんですが、今週の巻頭カラーに乗ってたUSJのワンピースプレミアムショーの雰囲気がものすごくアメリカナイズで笑ってしまいました。
ユニーバサルだから?
やっぱりユニバーサルスタジオだから!?

ではまた来週。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャンプ2010年33号感想 安藤ケンサクに対抗してエキサイト翻訳をゲーム化し隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる