安藤ケンサクに対抗してエキサイト翻訳をゲーム化し隊

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャンプ2009年19号感想

<<   作成日時 : 2009/04/07 01:43   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

マンキン最終巻を買いました。
何故あの展開でラザホーが全裸にならないのか理解に苦しむ僕の肉欲の槍が怒りのあまり天を突き世界中の度し難きモノども(ロリとかショタとか)の雑霊をオーバーソウルして武井先生にぶつけてやりたいけどウルティモ超面白いから続き読めなくなると困るしどうしよううーんうーん。
とか言ってたら先週ジャンプ感想書き忘れてしまいました。
申し訳ありません。
これも全てラザホーさんが服を着ているから悪いんです。
脱がすならラザホーさんの服を脱がしてください。
さぁほら早く、遠慮なさらずに。
さぁ!

ジャンプ19号感想。

==========

<ナルト>
10周年そっちのけでヒナタのボリューム満点パッツンツンな生意気おっぱいに夢中です。
こうなるともうブゥゥンとか言う擬音までいやらしいものに見えてくるから不思議ですね。
我ながら末期です。

<ワンピース>
ルフィのことを健気に思いまくるボンちゃんが親友キャラ通り越してヒロインに思えてきました。
ルフィ×ボンちゃん、か。
無い話でも無いな……

<ブリーチ>
上でも下でも面倒を起こす石田くんだから僕は愛せます。
面倒なだけの井上さんとは違うんです。

<トリコ>
プイッとそっぽを向くスタージュンさんが可愛くてなんか笑ってしまいました。
不気味だったり怖かったり変な愛嬌があったり、面白いデザインだよなぁこのロボ。

<銀魂>
月詠さんと小粋な会話をする銀さんが憎くてしょうがないです。
違うでしょ、あんたぱふぱふどころじゃないでしょう!
あんたがやったのモミモミでしょーがッ!!

<いぬまるだし>
センス溢れる人物相関図が面白いですね。
佐々木編集長がとても素晴らしい真人間に見えてくるから不思議。
理事長先生は特定の誰かがモデルっていうか編集部のダメなとこ寄せ集めたハイブリッドなキャラクターなのね……

<トレジャー新人漫画賞募集ページ>
何故か取り上げられるダンテに爆笑。
いいじゃん別に!
武士でいいじゃん!

<サイレン>
クソを糞ほど浴びて死ねと糞カッコいいキメ台詞でメンチ切ってみたものの
「あんたのそれ、男で言うならキンタマ二つ丸出しみたいなもんだぜ(意訳)」と一蹴されてしまうドルキさん。
まぁ読者としてもどうせ二つついてるならドルキ印の変な玉よりマリーのけしからん肉饅頭の方が有難い訳でして。

「ああ、アゲハさん、無事でよかった!」
い、いかんよマリー。そんなに押し付けられてしまうと俺のメルゼスドアーがオープンゲットでパイルダーオン。
「ご、ごめんなさい! アゲハさんはこんなはしたない女の子嫌いですよね……」
何を言うんだマリー。さぁ10年前のようにまた二人でお皿の洗いっこでもしようじゃないか。
「ああ、そんな乱暴に泡立てて…! アゲハさん、10年前と変わらない……!」

て、てめぇ純真無垢なロリマリーに一体何をしこみやがったアゲハ!
許せんアゲハ!
死ねアゲハ!

<スケットダンス>
なんかこの過去、とんねるずのコントみたいだよね。

<バクマン>
久しぶりのアズキさんとサイコーの恋愛パートよりも
最後の深夜二人で語り合う二人の服部さんのなんとも言えない空気の方がよっぽどごちそうさまでした。
っていうかこの漫画、だんだん作家視点から編集視点、というか夢見る若者視点から見守る大人視点にシフトして来ているような気がするけど大丈夫なんでしょうか。

<フープメン>
雄歩が本気でバスケと向き合い、今週で一気に面白くなった印象を持ちました。
元々主人公のキャラ以外はほぼ全て黒子より漫画力が上だったと思うので、これは分からなくなってきたかも。
ただ、少年心にキュンキュンくる設定を散りばめて楽しませてくれる黒子に対し、こっちはもう殆どの読者が読んでなさそうなのが厳しい。
ちょっとエンジン始動するのが遅かったか。
いや、遅いつってもまだ6話なんだけど。

<ぬらりひょん>
ゆらとリクオの青くてたどたどしい交流にニヤけ顔が収まらない自分が気持ち悪くてたまりません。
なんかこの漫画でこういう空気珍しいなと思ったんですが、リクオが昼にしろ夜にしろ基本大人なのであまり青春ストライクな展開にならないんですね。
その後のお兄ちゃん乱入でブチ壊しもいかにも王道だし、この関係はもっと掘り下げていって欲しいなぁ。

あ、書いてから気がついたけど、夜も大人なリクオさんってなんかエロい響きがあって素敵ですね。

<グレーマン>
ここに来てアレンとリンクの仲が一気に怪しい雰囲気に。
なんですかお前ら。
いい若い者が部屋にこもりきって上半身裸とかエロメガネで流し目とかなんですか。
誘いあってるんですか。

<アイシールド>
小さな一コマのさらに奥の方でドイツさんと解説役をするインドさんに涙が出そうになりました。
そうですよね。
フィンランドとかドイツとか、出番が少ないなんてワガママ言っちゃダメですよね。

==========

ジャンプ感想ももうちょっと定期的に書けるようにならないとダメですね。
カウンタを見てるとこんなクソを糞ほど浴びてる糞ブログを結構な人が見に来てくれているのでなんだか申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ああ、そんなに足跡を残さないで!
愚図なアタイをそんな乱暴に踏みにじるのは堪忍してェッ!

また来週。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャンプ2009年19号感想 安藤ケンサクに対抗してエキサイト翻訳をゲーム化し隊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる